So-net無料ブログ作成

♪    姫路城  ④ [お城]





姫路城の続きです

最終回です

さて、内部を一通り見学して外にでます

でも、しつこく見上げては、写します

2016-01-15 109.JPG







2016-01-15 122.JPG



2016-01-15 120.JPG












お菊井戸

2016-01-15 131.JPG

元は釣瓶取井戸(つるべとりいど)と呼ばれていました

播州皿屋敷お菊井戸でよく知られている

お菊さんゆかりの井戸で

よく知られている怪談話が・・・:;(∩´﹏`∩);:



2016-01-15 135.JPG

お家乗っ取りの陰謀を暴くため

お菊を女中として情報収集に当たらせていたことが発覚

お菊は家宝の皿を一枚割ったという濡れ衣を着せられ殺されて

この井戸に投げ込まれたということから

現在ではお菊井戸と呼ばれています

一枚、二枚、三枚、四枚、五枚

六枚、七枚、八枚、九枚・・・・

ああ、悲しや、一枚たりぬ・・・:;(∩´﹏`∩);:ぎゃぁ~~~

小学生のころかな?

夏になると、テレビで放映していたこの怪談を

恐々とみていました:;(∩´﹏`∩);:

後に、「お菊」の霊は市内の「十二所神社」の境内にまつられているそうです

しかし、一説にはこの井戸は有事の際

場内から脱出するための「抜け穴」に

なっている との説もあるそうです





 

播州姫路が舞台の「播州皿屋敷」

江戸番町が舞台の「番町皿屋敷」

その他、全国的にも「皿屋敷」伝説の残る井戸は

48箇所もあるそうです

2016-01-15 140.JPG

2016-01-15 141.JPG

2016-01-15 142.JPG

もう一つ、興味深い話が・・

封建制度の象徴でありながら

優美な佇まいをみせる姫路城ですが

過去に、売りに出された時代がありました

明治時代、廃藩置県によって、全国各地の城は

役に立たない上に、維持費がかかるという理由により

次々と競売にかけられていき

姫路城も例外ではありませんでした

実際落札された価格は、25円50銭

現在に換算すると20万円足らず

競り落としたのは、城下町の個人で

落札の理由が「城の瓦」を売るため・・・

しかし、解体費用に莫大な費用が掛かることから

買取を残念

もし、落札者が、権利を放棄していなければ

現在の姫路城は存在してい

なかったかもしれませんね







 

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○ 
 

これから桜の季節が・・・

白いお城と桜色

想像するだけで行きたくなります♪

2016-01-15 146.JPG


nice!(144)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

♪     姫路城 ③    ♪ [お城]







姫路城の続きです






 

2016-01-15 004.JPG


城郭建築では外観の屋根の数を「重」

内部の階段を「階」で表します

大天守も外から眺めると一見して、5階建てに見えますが

 内部の造りは

地上6階・地下1階の7階構成になっています

石垣部分も建築物になっているのです

2016-01-15 087.JPG




 2016-01-15 048.JPG



白漆喰総塗籠造(しろしっくいそうぬりごめづくり)の壁を間近に見ながら
 

さあ、天守閣内に入ります(案内板の向こう、爺が写ってるわ )

2016-01-15 057.JPG 




2016-01-15 071.JPG

大天守には多くの武具掛けがありました

天守が武器倉庫としても使われていたことを示しています


2016-01-15 073.JPG





2016-01-15 075.JPG





2016-01-15 076.JPG





2016-01-15 077.JPG





2016-01-15 078.JPG





2016-01-15 080.JPG




2016-01-15 081.JPG






2016-01-15 083.JPG

余談ですが・・・

ここにも、爺が・・・

私が、カメラを持ち歩くようになる前は

爺がカメラを持ち歩いていました

よく写真を撮ってくれていましたが

最近は・・・撮ってくれません

私、爺を写す気はさらさらないのですが

私をおいてきぼりにして、先さき歩くので

よく写真に写り込んでいます




2016-01-15 086.JPG




2016-01-15 094.JPG





2016-01-15 096.JPG





2016-01-15 097.JPG



威風堂々とそびえる、白く輝く大天守

姫路城に近づくにつれてその全貌が見えてくると

思わず・・・立派やな

大阪城とどっちが大きいやろ???

なんて・・・疑問が

・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・ 

海抜

  ★姫路城が約92m 

  ★大阪城が約87m                       

   姫路城は市街地の丘の上に建っていて               

   大阪城は周辺も含めて広い台地であるため               

   市街地から天守を見上げる感覚は姫路城の方が高く感じます            

天守台石垣からの高さ

  ★大坂城天守(徳川期) 推定約58m                       

  ★ 大阪城天守 推定約54m                       

  ★姫路城天守 推定約46m
             

                              

                    
特別史跡に指定されている城跡としての広さ

  ★大阪城 約73ha(大阪城公園約106ha)                      

  ★姫路城 約108ha(姫路公園約68ha)                      

   現在ある城跡と言う意味では、姫路城が広くなります             

天守の広さ

  ★大阪城天守閣(鉄筋博物館) 約5,000㎡                      

  ★姫路城天守 約2400㎡                        


                         気になったので調べて見ました♪

                          ・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・




 


nice!(136)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

♪      姫路城 ②     ♪ [お城]


姫路城の続きです


白鷺が羽を広げたような優美な姿から

「白鷺城」の愛称で親しまれる姫路城は

1993年に「法隆寺」と共に、日本初の

文化遺産に登録されました

2016-01-15 010.JPG




明治維新以降、ほとんどの城が取り壊しになった中で

築城当時のままの姿を残す貴重な城として

国宝や重要文化財に指定されています

2016-01-15 027.JPG

桜が咲く頃に訪れると綺麗でしょうね

白いお城とピンクの桜のコラボ

見たいし・撮りたいなぁー・・♪

ちょうど、訪れた日は平日だったので

比較的混雑はしていませんでしたが

桜のシーズンは混み混みでしょうね

2016-01-15 022.JPG

大手門から入り、三の丸広場より

どど~~んと聳え立つお城に

  感動


2016-01-15 028.JPG


2016-01-15 029.JPG

いざ!・・入城・・



2016-01-15 030.JPG


2016-01-15 032.JPG



2016-01-15 033.JPG

案内板通りに歩きながらも

違った角度からお城を撮り続けます^^b

真っ青な空と白鷺城

お気に入りの一枚ですd^^b

2016-01-15 043.JPG

各門の内側には、城壁に無数ののぞき穴が・・

門を通過する侵入者に対して、壁の裏側から

銃や弓矢で集中砲火を浴びせるための穴「挟間」です

2016-01-15 037.JPG

挟間の形が丸だったり、三角だったり、四角だったりと

挟間に気を取られ、気が付くと同行者の姿が・・・(爺ですが;^^;)

その辺りにはいません;^^;(いつもの事ですが)

2016-01-15 039.JPG

この挟間、用途もそれぞれ決まっていたらしく

四角は弓矢・三角と丸は銃(丸の写真はなし)

2016-01-15 040.JPG




2016-01-15 041.JPG



2016-01-15 048.JPG

・・まだ、続きます・・


nice!(124)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感