So-net無料ブログ作成

♪  ④そうだ!京都へ行こう!新緑まぶしい青もみじ④   ♪ [オフ会]


今日は、和歌山の加太で小学校の同窓会があり参加してきました


何十年ぶりに会った友とも再会を喜び合いました


で、家に帰ってくると


大阪で恐い事件が・・・


交番を襲い、実弾入りの拳銃が奪われ、犯人は逃走している


我が市でもスピーカーで「外出はできるだけ控えて下さい」と


呼びかけていたそうです


どうか、拳銃が使われる前に犯人が捕まりますように!







さて、そうだ!京都へ行こう!の続きです


常寂光寺(じょうじゃっこうじ)


「百人一首」で知られる小倉山の中腹にある蓮宗の寺


常寂光土に遊ぶような風情があると 常寂光寺と名がつけられたそうです


* 常寂光土って意味が分からなかったので調べました


調べると専門用語が並んでいてなかなか理解できず


ただ、間違っているかもしれませんが


消滅変化を超えた永遠の浄土、永遠に壊れることのない幸福の世界と解釈しました

(私の捉えた寂光光土なので文字は小さく!)


その他にも、寺の名前の由来として


常に楓などによって光が寂しい風情から


常寂光寺という寺号がついたとも言われている



P1280692.JPG


山門の前、白い日傘の女性の立ち姿が素敵だったので


遠くからパチリ(^^♪





P1280718.JPG





P1280720.JPG


受付で拝観料を納めます



P1280736.JPG


青もみじと仁王門






P1280746.JPG




P1280750.JPG


茅葺の仁王門、初夏の光が青もみじを一層引き立ています


P1280760.JPG




P1280774.JPG




P1280784.JPG


本殿と青もみじ


伏見城の客殿を移築したのだそうです


P1280786.JPG




P1280790.JPG




P1280796.JPG




P1280800.JPG




P1280806.JPG




P1280816.JPG




P1280830.JPG


高さ12メートル余りの多宝塔


こちらも木の緑に覆われています


P1280842.JPG












P1280834.JPG




P1280840.JPG








P1280848.JPG


目と足腰にご利益があるとされ、わらじが吊るされています


P1280854.JPG




P1280862.JPG


受付ところに黒猫ちゃんがお昼寝中


門番なのかしらん


そうそう、こちらのお寺には塀がないのですって





P1280864.JPG



再び山門をくぐり、本殿に向かい手を合わせて


次の目的地へと移動します


続きます・・・♪

nice!(161) 

nice! 161