So-net無料ブログ作成

♪    京都へ 建仁寺塔東両足院 [オフ会]



「梅雨明け十日」


梅雨明け直後は、太平洋高気圧の勢力が持続しやすく


安定した夏の暑い晴天が十日間程度続くことが多いため、昔から言われています


その通りで梅雨が明けた途端にこの暑さ( ;∀;)


なんて思っていると、明日土曜日は台風の影響で雨が降るらしい


昔の言い伝えも異常気象で変わってきた?







さて、京都へ!の続きです

梅見小路をぶらぶらと歩いた先が建仁寺


P1630001.JPG

建仁寺は京都で一番古い禅寺です


風神雷神の屏風絵や双龍の天井画などが有名ですが、今回はパスします

P1650001.JPG

毘沙門天さんの狛犬、ではなくって狛虎です




P1660001.JPG

建仁寺塔頭両足院ではちょうど


「半夏生 初夏の特別拝観」が開催されていました



P1660003.JPG

初夏の風物詩、緑に映える真っ白な半夏生

いいですよね、大好きです


P1680001.JPG





P1680003.JPG






P1680005.JPG

元々、半夏生の葉の色はみどり色ですが


初夏になると化粧を施したように、白色に変わり


しばらくするとまたみどり色に戻る


その様子から 半化粧⇒半夏生と呼ばれるようになったとか・・・

P1680007.JPG






P1680013.JPG






P1680015半夏生.JPG





P1680017.JPG





P1680021.JPG





P1690001.JPG


京都府の名勝庭園に指定されている


池泉回遊式の庭園


白い可憐な花が咲いたように池辺を彩る半夏生


梅雨明けと同時に気温も一気に上昇し、セミの大合唱も始まりました


半夏生で涼をお届け(^^♪



P1720001.JPG





P1760001.JPG


鴨川を渡り、先斗町へ


ここで遅いランチタイム


そう、お昼時に貴婦人気取りでケーキをいただいたので


おやつ時には「京のおばんざい」をいただきました


何だかいつもと逆だわね(^^♪

P1780001.JPG


夕方、運が良ければ、祇園や先斗町で舞妓はんに逢えます


最近、ニセ舞子さん(撮影用・観光客等)はよく見かけますが


こちらは本物ですね

 


P1810007.JPG


舞妓はん、手にスーパーの袋を持ってはります


ここは、やはり風呂敷にしてほしいなぁ~



P1810013.JPG





P1810019.JPG


芸妓さん、そのお隣には置屋のおかみさんかな?


舞妓さんや芸妓はんとは違った凛とした美しさがありますね




P1810025.JPG



ちょうど、この日は6月30日


京都では「水無月」を食べる慣わしがあります


お土産に「水無月」を買って帰りました


さぁ、これで残り半年の厄除けして


暑い夏を乗り切ろう!


  


京都へ・・・仲良しのクーママさんとのお出かけ


今回は祇園・先斗町と賑やかな通りを歩いたり


ちょっと貴婦人気取りで優雅な時間を過ごしたり


満ち足りた一日を過ごせました

 





nice!(145) 
共通テーマ:日記・雑感

♪    京都へ 丸山公園から祇園へと散策   ♪ [オフ会]





今日、梅雨明け発表がありました


途端に強い日差しが照り付けて、昼食後に外に出るとクラックラ( ;∀;)


熱中症に注意です!







さて、京都への続きです

優雅な気分を残したまま


雨上がりの丸山公園を少しだけお散歩します




P1440011.JPG



P1440005.JPG

つい先ほどまで雨が降っていました


足元が悪い中での浴衣姿、浴衣の裾が気になる( ;∀;)



P1450001.JPG

知恩院、ちらっと散策しただけです


P1460003.JPG




P1500001.JPG




P1540001.JPG


八坂神社を横目に花見小路に向かいます



P1590001.JPG


京都市東山にある祇園の歓楽街・お茶屋街の中心を南北に延びる花見小路通り


*北に東海道の西の起点となった三条大橋と明治時代の洋風建築が残る三条通り南に


1202年に建立された京都で最初の禅寺の建仁寺までを結ぶ通りです*


2001年(平成13年)には、京都の景観を守るために


電線が地中に埋められ、アスファルト敷きだった道に石畳が敷かれました


京都らしい佇まいの木造の建物が軒を連ねる景観はとても趣があり


大好きな場所です




P1550001.JPG


メイン通りは、雨と云えども人通りが多いので


路地に入ります



P1550003.JPG


雨上がり、石畳も程よくお湿り、路地の趣を一層際立てています



P1570003.JPG


細い路地を入っていくと電信柱がありました


順番に地中に埋めていくのかな?


それともこのままなのかな?



P1580001.JPG






P1600001.JPG





P1610001.JPG






P1610003.JPG





P1620001.JPG



続きます

nice!(155) 
共通テーマ:日記・雑感

♪    京都へ 長楽館  ♪ [オフ会]





6月30日


この日はくーままさんと生駒に紫陽花を見に行く予定を立てていましたが


天気予報では完全に雨マークがついておりました


紫陽花園はお山にあります


家族も雨の日にお山に行くと遭難する!!って( ;∀;)


イヤイヤ、晴れの日でも迷子になる二人ですから、危険この上ございません


中止にしました、でも出かける気満々


どこか目的地を変更しなくては・・・


そうだ!交通の便もよくって移動しやすいところ・・・


以前から行きたかった「長楽館でケーキを食べる」が浮かんできました(^^♪


前日に予約の電話を入れると「予約は受け付けておりません」


ならば、並ばずともスムーズに入店できる時間を聞きますと


ランチ時が一番空いています!


では、待ち合わせ時間をランチ時に合わせて京都へ向かいました






①P1390003.JPG


長楽館


1909年(明治24年)日本の煙草王・稀代の実業家「村井喜兵衛」が


私財を投じ、ヨーロッパ・アメリカ・中国など様々な新築様式と日本の技術を組み込んだ


「迎賓館・長楽館」を築きました

 


②1340002.JPG


国内の名立たる偉人を始め、各国の皇族や大使とそうそうたる人物が集い


鹿鳴館をしのぐとも言われた優雅な佇まいの中で


華やかな時を過ごしたのです

 


③P1360005.JPG


京都・八坂神社の東側に佇む洋館


丸山公園のすぐ隣、レトロモダンな外観からも


華麗なる歴史の面影が想像され、貴婦人方はどんな服装でこのドアを潜ったのかしらん


想像・妄想の世界が広がります(^^♪



④P1370003.JPG





⑤P1360015.JPG



雨のせいなのか、それともランチ時にケーキを食べる発想が正解だったのか


待たずに入館できました


⑥P1350001.JPG





⑦P1310946.JPG



デザートカフェ 長楽館


⑧P1310935.JPG


通されたお部屋は「球戯の間」


ここは昔、ビリヤードを楽しむ部屋として利用されていたこともあり


少しカジュアルな雰囲気だそうですが


窓にはステンドグラス、大理石の像が飾られ


庶民からすれば、貴賓室そのものです


⑨P1310928.JPG



さて、ケーキが運ばれてきました


ドレッサージュと呼ばれる、最後の仕上げをお客様の目の前で行う


アシェットデセール


サービススタッフがこちらのカメラのタイミングに合わせてくれるという


演出が、これまたうれしいサービスです


⑩P1310959.JPG


私は「ベイクドアラスカ」


目の前でフランベをし、ソースをかけて楽しませてくれるスイーツです

 


⑪P1310977.JPG


ふわふわのメレンゲの中には、バニラとカシス、ストロベリーのアイスが層になって


更に、その中にはピスタチオとアーモンドが細かく入っています




⑫P1310996.JPG






P1310994.JPG


クーママさんは「ヌガーグラッセ・フランボワーズ」

 


⑬P1310972.JPG


ちょっぴり、会話も貴婦人になった気でいつもよりはお上品に(^^♪



今回は「デザートカフェ 長楽館」でケーキをいただきました


次回こそ、「アフタヌーンティ」で午後の優雅なひと時を過ごしたいです




P1390005.JPG





P1440003.JPG



このあと、丸山公園を散策


丸山公園から見た長楽館の外観です


宿泊もできますよ


続きます



nice!(155) 
共通テーマ:日記・雑感

♪    そうだ!京都へ行こう!新緑まぶしい青もみじ ⑨   ♪ [オフ会]




今日の夕方、美容院に予約を入れたと伝えると


爺が・・・まだ切るのん?って


段々と短くなる私のヘアー(^^♪


楽なんです、ショートヘアーって(^_-)-☆




さて、長々と引っ張ってきた


「そうだ!京都へ行こう!新緑まぶしい青もみじ」も最終です



早朝より京都入りをして、クーママさんと二人


新緑まぶしい青もみじを堪能した、初夏の京都


行きは「阪急嵐山駅」からスタートして


帰りは「JR京都駅」でお別れです


P1310267.JPG


今日も一日、よ~~く遊んだよね!の〆はスイーツです(^^♪


京都駅地下街ポルタにあるリプトンで


水尾柚子レアチーズケーキを食べました


(ケーキの名前は、後日クーママさんがラインで教えてくれました)(笑)



P1310286.JPG


この日の歩数は20,749歩


暑い中、たくさん歩きました


いつもはJRは利用しないのですが・・・



IMG_3540.jpg


奮発して特急券を購入してJRで帰ることにしました


P1310279.JPG



「はるか」に初乗りです

初乗りの「はるか」が、なんとハローキティちゃんのラッピング電車です




京都から帰るにはどの路線を利用しても乗り換え回数が多いのです


「はるか」 に乗車しても乗り換えは必要ですが


りんくうタウン駅で南海電車に乗り換えるだけで済みます





そこへ、ラッキーなことに朝からゴルフに出かけていた爺が


自宅から一番近いJRの停車駅まで迎えに来てくれたので


乗り換えの必要もなく


楽々、可愛いキティちゃん号に揺られて帰ることが出来ました(^_-)-☆






そうそう、この日、クーママさんが次男宅の「こんにちはあかちゃん」にと


プレゼントを用意してくれていました


P1310293.JPG



とっても可愛いガラガラとお肌に優しいガーゼのハンカチ


お姉ちゃん赤組ちゃんも、ガラガラが気に入ったそうで


ガラガラを持ってあやしてくれているそうです


ありがとね♪






nice!(158) 
共通テーマ:日記・雑感

♪   そうだ!京都へ行こう!新緑まぶしい青もみじ ⑧  ♪ [オフ会]

 




朝から出かけていました


難波の駅にはお立ち台の上から警察官が不審者がいないかと見張り


地下鉄の駅には警察犬が・・・


梅田では高速道路に一台の車も走っていません


参加各国の首脳が立ち寄る場所には近づいてはいませんが


それでも普段と違う大阪の街


どうか、何事もなく無事に終わって欲しいと願います








さて、そうだ!京都へ行こう!の続きです



旧嵯峨御所 大本山 大覚寺


P1310185.JPG


平安のはじめ、嵯峨天皇の離宮として建立されて1,200有余年


弘法大師空海のすすめにより嵯峨天皇が浄書された般若心経が勅封として


奉安され、般若心経の根本道場として知られています


明治時代初頭まで、代々天皇もしくは皇統の方が門跡(住職)を務めたという


格式高い門跡寺院


また、生け花発祥の寺でもあり、「いけばな嵯峨御流」の総司所(家元)でもある


時代劇・各種ドラマのロケ地としても有名



P1310189.JPG


皇室の紋である菊花紋が右手に見えます







P1310199.JPG


宸殿(しんでん)


天皇に入内された徳川2代将軍秀忠の娘、東福門院和子が


女御御殿の宸殿として使用していた



P1310201.JPG








P1310204.JPG


村雨の廊下


諸堂を結ぶこの回廊は、縦の柱を雨、直角に折れている回廊を稲光にたとえ


「村雨の廊下」と呼ぶ


天井は刀や槍を振り上げられないように低く造られ、床は鴬張りです


P1310217.JPG


静かに歩くほどに音がする鴬張り


曲者の侵入者があればすぐにわかる


一種の警報装置なのですね


P1310213.JPG










P1310220.JPG





P1310221.JPG





P1310223.JPG





P1310225.JPG





P1310227.JPG





P1310230.JPG




P1310243.JPG




P1310245.JPG


今流行りの床みどり じゃなくって 床赤(^^♪



P1310249.JPG





P1310251.JPG





P1310257大覚寺.jpg





この日は、心経前殿にて「四国八十八か所お砂踏み」が開壇していました


一年に二回、期間限定で開壇しているそうです


阿波国(徳島県)・土佐国(高知県)・伊予国(香川県)ごとの札所を


順番に開壇し、二年で一巡する


今回は土佐国(高知県)「修行の道場」16か寺のご尊軸をおまつりして


その札所境内のお砂を各々の軸前の足元に敷き、踏みながら礼拝していくことにより


16か所の霊場を巡拝するのと同じご利益がいただけるのです


クーママさんと二人、浄財奉納紙を購入し参拝しました


尚、撮影禁止の為に写真は撮っておりません





続きます・・・♪


nice!(140) 
共通テーマ:日記・雑感

♪   そうだ!京都へ行こう!新緑まぶしい青もみじ ⑦   ♪ [オフ会]





明日からしばらく、天気予報には傘マークが続いています


おまけに熱帯低気圧が台風に変わる見込みだとか・・・


まだまだ、屋根にはブルーシートがかけられた家がたくさんあるというのに


最も遅い梅雨入り、いきなりの台風発生とは厳しいなぁ( ;∀;)








さて、そうだ!京都へ行こう!の続きです


私にしては珍しく、ここまでの道中は 


お腹が減った~の言葉を発することもなく


ひたすら京の青もみじに酔いしれておりましたが


流石に13時を過ぎればペコペコに・・・


ランチと行きたいところですが


なかなか思うようなお店が見つからず、取り敢えずは嵐山に戻ります


P1310123.JPG

平日の私は12時ジャストに昼食を食べます


それを過ぎるとフラッフラッ状態で思考能力も低下


ところがカメラの威力って凄いです


フラッフラッなのに気になる被写体があると撮る(^_-)-☆

P1310129.JPG






P1310135.JPG

大好きな赤い傘、撮ります!


クーママさんも撮ってます


二人の映り込みも(^^♪

P1310132.JPG




P1310141.JPG

とあるお店の庭の木にジャムの瓶が吊るされています


面白い発想


でも、急な雨降りは慌てるねぇ、と、よからぬ心配( ;∀;)

P1310145.JPG





P1310153.JPG

素敵な外観に惹かれます


京都嵐山オルゴール博物館です

P1310155.JPG






P1310157.JPG





P1310159.JPG

お店の前の前のピエロさん、写真を撮っていいですか~?

素敵な笑顔をいただきました





P1310181.JPG


嵯峨とうふ稲 北店


クーママさんのお勧めでこちらのお店でランチをいただくことに・・・


 

P1310179.JPG


伝統の製法により厳選された食材を生かし切る


「京湯葉あんかけ御膳」を注文しました


体重増加中を考慮して「ベジタリアン御膳」にするはずが


クーママさんの「大丈夫!お豆腐と湯葉だからヘルシーよ」の一声でこれに決定しました

 

P1310161.JPG



クーママさんと二人で撮り歩きするときって


付かず離れずで各々好きな場所で撮ってます


なので、移動中やお食事時がおしゃべりタイム


これも又楽しいのでございます♪



続きます・・・♪

nice!(155) 
共通テーマ:日記・雑感

♪    そうだ!京都へ行こう!新緑まぶしい青もみじ ⑥   ♪ [オフ会]



大阪でG20サミットが28日・29日の2日間で開催されます


その間、大阪府内の高速道路や一般道で通行止め規制が実施されます


今日は高島屋にお中元を買いに行きましたが


配達日に関してのお約束ができないとのことでした


大きな交通規制が初めての為、色々と大変ですね



仕事もどうなるのかな?


お休みかな?


お休みになると嬉しいのになぁ~(^^♪


上空をひっきりなしに飛ぶヘリコプターの音を聞きながら


一人呑気な事考えてます(^^♪








さて、そうだ!京都へ行こう!の続きです


京・奥嵯峨


祇王寺


平家物語 悲恋の寺

P1310025.JPG

竹林と楓に囲まれたつつましやかな草庵で


「平家物語」にも登場し、平清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王が


清盛の心変わりにより都を追われるように去り


母と妹とともに出家、入寺した悲恋の尼寺として知られております



P1310027.JPG


祇王寺は明治初期に廃寺となりましたが


残された墓と仏像は旧地頭の大覚寺によって保管されました


大覚寺門跡の楠玉諦師はこれを惜しみ、再建を計画していた時に


元京都府知事北垣国道氏が祇王の話を聞き


明治28年に嵯峨にあった別荘一棟を寄付されました


これが現在の祇王寺の建物です



P1310031.JPG





苔の生えた茅葺屋根の門、木々に囲まれ


ここから一歩入れば別世界へと導いてくれます

 

P1310041.JPG





P1310045.JPG




白い花は、ミヤコワスレの原種・ミヤマヨネメです

P1310047.JPG


新緑が最も美しいのは五月


緑一色の祇王寺の苔庭、草庵、そして山門



P1310049.JPG


 



P1310053.JPG





P1310055.JPG





P1310059.JPG


苔、大好きなので、苔寺としても有名な祇王寺が気に入りました


ただ、よーく見ると所々、苔が茶色くなってる


昨年の台風で、境内の木々や、お隣の杉林が被害を受け倒れたそうです


以前は木漏れ日と緑が美しい庭だったのが


日が差し込むようになり、苔が茶色くなったそうな・・・


せめて、梅雨には回復してくれるかも・・・と期待してしまいますが


あいにく、今のところ関西の梅雨入りが大幅に遅れています


 

P1310061.JPG





P1310071.JPG


竹林に囲まれた庭



P1310079.JPG




P1310113.JPG





P1310117.JPG





P1310121.JPG






続きます・・・♪

nice!(152) 
共通テーマ:日記・雑感

♪   そうだ!京都へ行こう!新緑まぶしい青もみじ ⑤  ♪ [オフ会]




梅雨入りが遅れている大阪です

我が家の紫陽花、梅雨入りする前に終わってしまいそうです

天気予報では、週末は傘マークが出ていますが、梅雨入りとなるのでしょうか?







さて、そうだ!京都へ行こう!の続きです



小倉山 二尊院


百人一首にも詠われた小倉山のふもとに広がる二尊院


通常、一尊のみを祀る寺院が多い中


「釈迦如来」と「阿弥陀如来」と二如来像を祀っているところから二尊院と呼ばれる


紅葉の名所と名高く、千二百年の時を超えて美しい景観に包まれています


①P1280880.JPG


総門を入ると先ず視界に飛び込んできたのが


小倉茶店 四季庵

 

P1280870.JPG



P1280892.JPG





P1280884.JPG


席に着くと、温かいお茶と井筒八つ橋の茶菓子が運ばれてきました

こちらのお店は「井筒八つ橋本舗」さんがやっているお店なんですね


ここに来るまでにcafeが見当たらず、喉がカラカラ


アイスコーヒーを頼みました


小倉大納言ぜんざいも食べたかったのですが


お昼前なので我慢しました


が、後々、我慢したのが後悔することになりました



P1280888.JPG



小倉庵 発祥の地の石碑

   

P1310007.JPG


参拝中に「小倉餡発祥の地」の石碑がありました


空海が中国から持ち帰った小豆の種


小倉山で栽培し、豆を煮詰めて「餡」を作ったことから


「小倉餡」と呼ばれるようになった


小倉山の麓にある二尊院が「小倉餡」の発祥地だったのですね



後悔その1:餡子の発祥地と知っていたならば例えランチ前でも食べておくべきだった。


後悔その2:この後、適当なランチのお店が無くて相当歩いた末にランチとなりました。


やはり、小倉ぜんざい食べておくべきだった。



P1280894.JPG



紅葉の馬場


総門を抜けた先に広がる、真っすぐに伸びた参道


「紅葉の名所」として有名です


約百メートルの間にモミジとサクラの木が交互に植えられ


紅葉のトンネルを魅せてくれます


近年、「紅葉の名所」は「青もみじの名所」とのキャッチコピーが流行ってます

P1280900.JPG



まさしく 「紅葉の名所」は 「青もみじの名所」


P1280908.JPG


小倉山を背に青もみじのトンネルが続きます



P1280920.JPG





P1280924二尊院.jpg




P1280940.JPG


登ってきた階段から下を見ても青もみじのトンネルは圧巻です


P1280942.JPG



P1280976.JPG





P1280989.JPG





P1290001.JPG




P1310001.JPG




P1310005.JPG
















P1310009.JPG






P1310023.JPG




有名人のお墓の案内板
P1310019.JPG





続きます・・・♪

nice!(151) 
共通テーマ:日記・雑感

♪  ④そうだ!京都へ行こう!新緑まぶしい青もみじ④   ♪ [オフ会]


今日は、和歌山の加太で小学校の同窓会があり参加してきました


何十年ぶりに会った友とも再会を喜び合いました


で、家に帰ってくると


大阪で恐い事件が・・・


交番を襲い、実弾入りの拳銃が奪われ、犯人は逃走している


我が市でもスピーカーで「外出はできるだけ控えて下さい」と


呼びかけていたそうです


どうか、拳銃が使われる前に犯人が捕まりますように!







さて、そうだ!京都へ行こう!の続きです


常寂光寺(じょうじゃっこうじ)


「百人一首」で知られる小倉山の中腹にある蓮宗の寺


常寂光土に遊ぶような風情があると 常寂光寺と名がつけられたそうです


* 常寂光土って意味が分からなかったので調べました


調べると専門用語が並んでいてなかなか理解できず


ただ、間違っているかもしれませんが


消滅変化を超えた永遠の浄土、永遠に壊れることのない幸福の世界と解釈しました

(私の捉えた寂光光土なので文字は小さく!)


その他にも、寺の名前の由来として


常に楓などによって光が寂しい風情から


常寂光寺という寺号がついたとも言われている



P1280692.JPG


山門の前、白い日傘の女性の立ち姿が素敵だったので


遠くからパチリ(^^♪





P1280718.JPG





P1280720.JPG


受付で拝観料を納めます



P1280736.JPG


青もみじと仁王門






P1280746.JPG




P1280750.JPG


茅葺の仁王門、初夏の光が青もみじを一層引き立ています


P1280760.JPG




P1280774.JPG




P1280784.JPG


本殿と青もみじ


伏見城の客殿を移築したのだそうです


P1280786.JPG




P1280790.JPG




P1280796.JPG




P1280800.JPG




P1280806.JPG




P1280816.JPG




P1280830.JPG


高さ12メートル余りの多宝塔


こちらも木の緑に覆われています


P1280842.JPG












P1280834.JPG




P1280840.JPG








P1280848.JPG


目と足腰にご利益があるとされ、わらじが吊るされています


P1280854.JPG




P1280862.JPG


受付ところに黒猫ちゃんがお昼寝中


門番なのかしらん


そうそう、こちらのお寺には塀がないのですって





P1280864.JPG



再び山門をくぐり、本殿に向かい手を合わせて


次の目的地へと移動します


続きます・・・♪

nice!(161) 
共通テーマ:日記・雑感

♪   そうだ! 京都へ行こう! 新緑まぶしい青もみじ③   ♪ [オフ会]




西日本は、九州南部を除いてまだ梅雨入りしていません


明日は傘マークがついていますが


その後、傘マークはなし


いつ梅雨入りするのでしょうかね








さて、そうだ!京都へ行こう!の続きです


暑くなってきたので

ちょっとここらでお茶にしようよ(^^♪

P1280658.JPG

まだ、どこともお店はオープンしていません


時間が早いから?


それともお休みなのかな?・・・


感じの良いお店も見つけたんですが・・・

P1280666.JPG

仕方がないので、お店の庭などを撮りながら進みます


ジューンベリーの実のなんと可愛いこと(^^♪



P1280676.JPG

あらっ!


大好きな紫陽花(^^♪


P1280678.JPG




P1280682.JPG


スモークツリも白い壁によく映えること(^^♪





P1280686.JPG

緑に囲まれた癒し系のcafe みっけ(^^♪


階段を上がって行きましたが、閉まっていました( ;∀;)

P1280684.JPG






P1280696.JPG

他にも数件、感じの良いお店があったのですが


すべてアウト!

P1280700.JPG




 



P1280707.JPG






P1280717.JPG

ゴミ箱も京都仕様です

P1280866.JPG

立ち入り禁止!のガードも京都仕様です



P1280868.JPG


可愛い置物を横目に、ここまでくると第一目的地はすぐそこです

cafeは結局なくって持参したペットボトルのお水で喉を潤しました(^^♪


続きます・・・♪


nice!(148) 
共通テーマ:日記・雑感